ケータイ小説 野いちご

君との通学路

優愛 。-ユウアイ-

もっと優しくなれたら

もっと強くなれたら

もっと人を愛せたら

…もっと素直になれたら

きっと、何かが変わったのかもしれない




………



「入学式から遅刻とかありえない‼︎」

今日から高校生
華やかな高校生活を夢見ていたのに
初日から寝坊
こんなについてないことってある?

なんとかギリギリ間に合った

新しい制服に身を包んでたら
なんだか心も新しくなった気分

すこし震える手で教室のドアを開ける

見慣れない風景が広がっていて
なんだか泣きたくなる

"あーあ、やっぱり公立に行けばよかったかな…"

小中と、とっても仲良かった友達と離れ
1人で私立の高校を受験した

だけど知り合い1人もいないし
友達ができる気がしない

誰にも話しかけず
話しかけられず

緊張と不安でいっぱいだった初日は
本当に何事もなく終わった

< 1/ 5 >