ケータイ小説 野いちご

モバイバル・コード

プロローグ『幼き日々と現在と』
6章『携帯天使』

──午後23時40分


「ホワイトプリンしかないぞ」


「それでいいよ。あ、これも食べたい」


 ひょいとチョコレートも買い物カゴに入れてくる。とびきりの笑顔付きで。


 衝撃のスコアを聞いてから30分後、オレ達は雷也の家の近くのコンビニに来た。


 愛梨はしきりに『明日死ぬ、明日死ぬんだ!』と繰り返していた。


 このままだと勝負をする前にこっちの戦意が喪失だ。


 昔から語り継がれていること。

 

 『強い敵より怖いのは、部隊の意識が統一しない事だ』って。



 名将は常に部隊の戦意を下げない。それが戦いにおいて最も負ける要因だとわかっているからだ。


 逆を言えば、みんなの意識が一つの方向『勝利』という方向に向いていれば強い敵なんて蹴散らせる。


 戦闘において重要なのは『個の力』より『集の力』なのだ。


 オレの読書がこういう時に役に立つ……と思っていたいな。


 確かにオレはお荷物野郎かもしれないが、どうせやるなら全力で戦いたいだろ。


 愛梨にプリンを買ってやると言って黙らせたのは30分前のことだ。



 少しだけ安心出来た事があった。オレはまだまだ馴れない手つきで携帯を操作し、覗きこんだ。

< 203/ 835 >