ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。

season*4
素直で



月曜日。


なんだかソワソワしながら学校へ来た。


晴斗はまだ来ていないみたい。



晴斗の彼女になったっていう実感はやっぱり沸かなくて、どこかまだ宙に浮いてるようなふわふわした変な感覚。


昨日バイトだった晴斗からは夜に電話があって、少しだけ話したけどドキドキしすぎて内容はあんまり覚えてない。



「おはよう、志帆ちゃん」



「あ……お、おはよう!木下星矢」



今日も朝から木下星矢はご機嫌さんだ。


ニコニコ幸せそうに笑って、周りに花が飛んでいる。


里緒が来たらさらに、目尻が垂れ下がって目がなくなるんだけど。



「なんかいいことでもあったの?」



「え?なんで?」



木下星矢は、ニヤリと笑ってあたしの顔を覗き込む。



< 236/ 250 >