ケータイ小説 野いちご

月明かりと薄桜 -誠の絆-

第二章
文久3年の京の町




目が覚めると

小鳥の可愛らしい鳴き声が聞こえて

夢ではないような感覚が私を襲った



いつもとは違うような謎の感覚



ここは、どこ?



目を開けると真っ先に目に入った天井。

それは学校の天井でもなければ

家の天井でもない

木で作られていて今にも崩れそう



起き上がってみても

やっぱり何かがおかしい

いや、おかしすぎる…!



さっきまで学校の図書室にいたはずなのに

私はなぜか浴衣?みたいなのを着てて…

知らない古いお家にいて…

薄い布団で寝てて…


一体ここはどこなの?

ていうよりなんで私はここにいるの?




よくわからなすぎて

不安だけがどんどん募っていく


< 7/ 305 >