ケータイ小説 野いちご

【続】冷たい彼は旦那さま

love度40%〜side翼〜
遥の事だけ


離れたもののこの家は広くも無いから行く部屋何てあまりない。


仕方無しに、寝室のベッドに寝転がる。


「女々しくて、馬鹿だろ」


一方的に感情ぶつけて、八つ当たり。


そんなの最低だ。


いつまでも遥の傷付いた顔が頭をちらつく。


何で、こんなにも上手くいかないんだろ。


いっぱいいっぱいで余裕がない。



< 30/ 135 >