ケータイ小説 野いちご

SEY LOVE ME ~好きなんだ~

夏祭りenjoyしちゃいました




一也side



「賢人。」


「ん?」


「お前、中原と夏祭り行けるって言ってたけどさ、なんか秘策でもあんのかよ。」


「それは秘密ー!(笑)」


んだよそれ。


「…俺、やっぱり自分で誘うわ。」



「良いんじゃない?頑張れよ。」



「おう。」




< 75/ 103 >