ケータイ小説 野いちご

同じ願いで

✡第二章✡
happy life


信じられない…



信じられないよ、祐…




「ほんとに…⁇」



嬉しすぎて泣きそう…



っていうか、もう泣いてるのかな…



声震えてるし…



「好きだよ、萌音。」




もう一度、はっきりと聞こえた祐の"好き"って言葉。




「返事は⁇」



「私も…っ…好き…だよっ…」



嗚咽でうまく喋れないけどちゃんと言えた、"好き''って言葉。



こんなに嬉しくて


こんなに幸せな''好き''は初めて。



「うん。よくできました。」



そう言って私の頭の後ろに手を回してキスをした。



もう、私の顔は涙でぐちゃぐちゃ。



「萌音、可愛い顔が台無し。」



って、そう言いながら笑う祐が大好きだよっ

< 53/ 296 >