ケータイ小説 野いちご

嫌いじゃ…ない…?

2章


夕食も済ませてあとは寝るだけとなった。

ベットに寝転びながら黒川君にメールする内容を考えていた。

「何ヵ月ぶりだろ。メールとか。」

付き合いたては毎日のようにしてたな。

黒川君からのメールの返信が遅くなってやがて返信さえもなくなって…

それからメールしなくなったっけ。

どうせしても来ないんだろうけどけじめをつけたいから…

【明日。お昼に屋上に来てください。
話したいことがあります。】

こんなんでいいかな…?

どうせ返信なんてこないからなんでもいっか。

送信ボタンを押した。

ついに明日。けじめつけます。

< 13/ 26 >