ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

この世界は狂いすぎてる…ね?

過去

「刃物という
その一本が
私を変えた」

標語みたいな文、だ。

半年前・・・私がまだ、中3の時。

私は母に殺されかけた。
喧嘩ばっかりしてる私、苦情の毎日。
私が親よりも強くなることを恐れたのだろう。

母はナイフを構えて今にも私を刺しそうだ。
が、
ナイフは手をかすっただけ。
そのナイフをはねかえしたのだ。
そして、母の顔をかすった。

母は多分、自分の身に危険を感じたのだろう。
私を母の妹のところに預けた。

サイテーな母親だ。

で、預けられたとこの環境が…私へのベストマッチで最悪の日々のはじまりだった。

< 2/ 2 >