ケータイ小説 野いちご

あの夏の想い出 ~あの花火をもう一度~

君との出会い

それは中学1年生の秋の出来事だった。

その頃ちょうど学校祭で、
応援団、運動会、合唱、の練習などで
毎日忙しかった。

でもその頃から
気になる人ができた。

< 1/ 2 >