ケータイ小説 野いちご

クーデレ彼氏とその彼女

初カレはあの子でした
ドキドキお泊りでした






夜、21時。


ぼんやりテレビを見ていると
もうすでにそんな時間



SFの、有名な映画が
再放送で流される


「風呂入ろうか
沸かしてくる」

『うん、お願いします』




ザァァァァ


今だ、雨足は弱くはならない



< 200/ 254 >