ケータイ小説 野いちご

嵐を呼ぶ姫②〜最強女は天然美少女?〜

-弍-
ありえないテスト







それから、あたしはテストのせいで静かなクラスとはおさらばして女の子クラスに入り浸っていた











「妃芽、かえりますよ」










あの日から毎日のようにここにいて、帰りの時間になると迎えが来るようになった









今日は聖夜のようだ










「みなさん、今日も妃芽がお世話になりました」










て、おい









お前はあたしの保護者か!










そんでここは保育園か何かか!











と思わずツッコミたくなったが









静かに心の中にしまった










だって、女子のみなさんの目が恐ろしいくらいハートになってたから








誰が迎えに来てもお前ら目がハートじゃねぇか!












< 67/ 113 >