ケータイ小説 野いちご

スイートプリンスの恋の魔法 ~愛しきビタープリンセス~

†第1章† 地味姫とハデ王子
☆癒しの時間☆ 《Side -Koyuzu-》

「イブーー!おいでーーーっ!」


「キャンキャン!!」


玄関で両手を広げて待っていると、トタトタとかわいらしい足音をたてて廊下を走る我が家の愛犬。


名前はイブ……チワワの3歳のメスで、体は真っ白フッワフワ。


大型犬と違って力強いモフモフは出来ないけど、もう超カワイイんだから!!うちの子最高!!

(↑犬バカ)


「んじゃお兄ちゃん、行ってくるね」


「おお。休日で車多いんだから、気をつけろよ」


「分かってるって。行ってきまーーす」


イブにリードを付け、お兄ちゃんと言葉を交わして自宅を出発した。

< 41/ 403 >