ケータイ小説 野いちご

終わりと始まりの物語

キラキラ

 割れたガラス片が、フローリングに散らばりあたしの腕をえぐる。
 押しとばされた勢いで窓ガラスを粉砕し、受け身をとっさに取った左腕は、肉を剥き出しにして出血する。

 怯える女性と、放心して尻餅をつく男性が、揃ってあたしの目に飛び込む。
 
 何が愛だ。そんなもの、砕けた窓ガラス以上に脆いものだと分かっていたのに。



 ただ出会いが偶然で、あたしはそれにキラキラときめいてしまった。
 優しくて気さくな彼は、あたしに特別その振る舞いを大きくし、存在をアピールするから。
 あたしも彼に惹かれ、恋におちてしまった。

 恋人同士になり、それなりに行為も済ませ。
 妊娠したと分かって、今日こうして会いに来たのに。
 彼女がいて、それもあたしよりも前に付き合いだした彼女で。
 お腹もあたし以上に大きく、二股の浮気相手だったあたし。
 妊娠した彼女としたくても出来ないから、あたしを捕まえてただやりたかっただけなのだと言われ、愛情はないと断言された。
 
 すがったら、彼に押しとばされた。
 勢いが良かったのか、窓を突破。
 あたしも妊娠したんだよ?

 おろせって何なの?


 キラキラした毎日。それは暗闇が見えないからキラキラしていただけ。
 ガラス片がキラキラしていても、ちっとも魅力的に感じない。
 割れたせいなのだろうか?
 あたしの心も割れてしまったのか。

「……何する気だ?」

 本命の彼女を抱き寄せ、あたしから守るように盾になる。
 あんたに彼女を守る筋合いなんかない……。

「一生のトラウマみせてあげる」

 落ちたガラス片を拾い、一気にそれで首を掻いた。
 焼ける痛みが走り、血が一気にあふれ出す。
 
 つんざく彼女の悲鳴と彼の怯えた瞳。
 そうよ、焼き付けて。
 キラキラした日常を突然奪ったあなたを許さない。
 子供だけ殺すなんて出来ないもの。
 あなたに、一生トラウマとして付き添ってあげるね。

「あ、い……し……て、る……」

 だって、キラキラを与えてくれたあなたをずっと愛してるから。


< 4/ 5 >