ケータイ小説 野いちご

【完】恋の病はあいつのせい!?

◇見んな、バカ。




あの後、あいつは何事もなかったかのように教室に戻ってきて普通に授業を受けていた。



一回も喋りかけてこなかったけど。



「なぁ、中宮」



「あ、今井。 どうしたの?」



「あいつと帰んの?」



今井の目線の先には一人だけ真面目に掃除を松本雄飛の姿があった。



「うん、多分?」



「多分ってなんだよ。 てか、お前なんであの地味男と仲良いわけ?」



・・・仲良い!?



< 40/ 311 >