ケータイ小説 野いちご

【完】恋の病はあいつのせい!?

◇やればできるじゃん。




あれから、どうやって帰ったかは分からない。



気付いたら、ベットの上で枕を抱きかかえて寝ていた。



昨日のことはきっと夢だよね、うん、そうきっと、



「・・・、れんーーー聖恋!」



「は、はひ!」



「朝からボォッーとしてるけど、なんかあったの?」



「いやー、別に、なんにもない、よ?」



「ウソ。 昨日の用事?」



「・・・っ」



あたしの反応をすずちゃんは見逃してはくれなかった。



< 22/ 311 >