ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

涙を流したのは。

*涙を流したのは*








初めて見たあいつは
愛想のない、可愛くないやつだと思った。





でも二度目に見たあいつは、泣いていた。





.....誰にも涙を見せないように。





そんなあいつを俺は、誰よりも可愛いと思った。








__その涙の理由なんて知らずに。







興味本意というものか俺はあいつに近づいた。




それから、何度も話し掛けたり、ご飯を誘ったりした。



はじめはすごく警戒してたあいつ。



だけどそのうち、あいつは俺に心を許したのか、
だんだんと仲が良くなっていった。




そしていつの日か付き合うことになった。





俺はある時、あの日みた涙の理由を聞いた。




するとあいつは静かに言った。




「......前の彼と別れた時のことかな...?」




俺はその時、なぜだか苛立ちが生まれた。




「....ふーん...」




それでも俺は興味なさげにそう言った。






__あの日見た、あいつの涙は


もちろん俺じゃない、誰かを想って流した涙。







なぜだか、俺はあいつの涙をもう一度見たくなった。






俺は、おかしな事だとわかっていても


どうしても、他の誰かを想った涙じゃなくて、


俺を想って流す涙を見たくなった。






それから俺はわざと他の女といたりした。




でもあいつはまったく涙を流さない。




それどころか、文句を言うこともなかった。





だから俺はあいつの近くであいつじゃない他の女と
手を繋いだり、キスをしたりした。





それでもあいつは何も言ってはこなかった。






俺はもうやけになって、あいつじゃない他の女を
抱くようになった。





そして俺は言った。




「...俺、さっき他の女とヤってきた。」




すると、あいつは溜め息を吐き、静かに言った。




「.....そう...」





もう俺は、言葉がでてこなかった。





あいつは、涙を流すほど俺のことを好きではない。
ということなのだろうか。





それから俺とあいつの時間は無くなっていった。





__そんなある時、俺は見たくもないものを見た。






それは、あいつと男がホテルからでてくる所を。





俺は考えるより先に体が動いていた。





俺はあいつといた男を殴った。
それに小さな悲鳴をあげたあいつの腕をとり、
俺は無理やりあいつを俺の家へと連れてきた。




あいつが抵抗しても俺の力に敵うはずがなかった。






そして、俺はあいつをベッドへと押し倒した。




「.....さっきの...なんだよっ...」




「.............」




「....誰だって聞いてんだよっ!」




「...誰だっていいでしょ...」




「.......は....?」




「....あなたが人のこと言えるの?」




あいつはそう言って俺を押し返した。




そして、上体を起こし、二人ベッドの上に
向かい合うように座っている状態。





無言が続き、時計の針の音だけが部屋に響く。





「.....もう別れよう....」




そう言ったのはあいつだった。





「....無理.. .」





俺はそれしか言えなかった。





「...私ね、前の彼が浮気して別れたの...すごく悲しかった。....たくさん泣いた。...でもね、思ったの。ぁあなんで私、あんな人のために泣いてるんだろうって...
それからあなたに出会って、あなたを好きになった。
  ....この人ならきっと大丈夫だって思った。」





........でも、あなたは浮気した。





そう言って目を伏せたあいつ。





「...あなたのこと本当に好きだったよ...」





「....俺だって....俺、お前と絶対に別れねぇよ....」






そう言って俺はあいつの肩を掴み、
別れないと何度も言い続けた。






それでもあいつは静かに顔を左右に振った。






「....もう...終わりにしよう…」






「......終わりになんかしたくねぇ...」






「........バイバイ.....」






そう言ってあいつは俺の手から離れていった。











残ったのは、微かに残るあいつの香りとぬくもり。







俺のベッドに染みている涙の滴だった。







あいつは最後の最後で泣いたのだろうか?







そんなことを思って、俺は乾いた笑いを溢した。








___違うか。歪む視界でわかる。








これは俺の涙だろう。










*end*

< 1/ 1 >