ケータイ小説 野いちご

さよなら金曜日

ジョウジュンと金曜日


下駄箱から教室に向けて
廊下を歩いていた。


そんな当たり前な
日々を送ろうとしていた私。

< 5/ 35 >