ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

幕末カレシ~新撰組に飼われた蝶~

奪い合い


家茂と出会ってから3日経った。

いつ屯所が襲われるのか分からない中、新撰組は冷静かつ気配を気にしながらいつも通りに過ごしていた。

夕暮れ時、部屋で話していた土方と鈴音の元に、ドタドタという足音と共に慌てた顔で隊員が部屋に顔を出した。

「副長!!!」

焦ったような声色を聞いて何かを察したのか、土方さんは真剣な顔をし、隊員をみた

「…どうした」

「何者かが、屯所を襲撃しに来ました」

「チッ…来たか…総司達を呼べ!」

「はい!!」

「鈴音…お前は俺のそばにいろ。絶対に守ってやる。」

土方さんの言葉に胸がきゅうっ締め付けられる。
こんな気持ちは初めてで、内心戸惑いながらも土方さんの目を見つめ、しっかりと頷いた。









< 52/ 114 >