ケータイ小説 野いちご

絶対的愛情

☆☆☆☆





終話をタップして、ふぅと息を吐き出した。


きっと今頃彼女の脳内には、ドーパミンが大量に放出されただろう。


俺は手元のエアーメールに、再び視線を落とした。読んでいる途中で、瀬戸さんからの電話が入ったのだ。


噂は聞いていたが、彩美が日本に帰ってくる。

小嶋 彩美。僕の昔の恋人。

太陽のように明るく、聡明な彼女に惹かれた。

同じ学部で、学生時代はいつも隣に彼女がいた。

自分にないものをたくさん持っていて、僕を埋めてくれる。


そんな彼女から、届いたエアーメール。



『14日18時に、日本に着きます。空港まで迎えに来ない?』


.


< 21/ 70 >