ケータイ小説 野いちご

華火(もらいび、おくりび)【BL】

おくり火




――――


一年前の今日。


同じように花火大会があった。私は彼に「どうしても」と言われて浴衣を着て彼と一緒に花火大会を見に行った。


正直、男同士二人で観に行くのもどうかと思われたが、相手は曲りなりにも社長だ?業務命令には逆らえない。これも仕事の一貫だと割り切れば楽だった。


或は気軽に友人同士覗いてみた―――理由なんてどっちだっていい。


だがしかし、その考えが甘かったのを知ったのは数時間後―


どこを見渡しても人、人、人の波。


そして空の色もめまぐるしく変わる。


赤、青、黄、ピンクやオレンジ―――





空に咲きほこる大輪の華。





「きれいだねー」


方々でそんな声が聞こえたが、私はゆっくり花火を鑑賞する間もなく、人の波に押し流されないようしっかりと両脚で立つのが精一杯。


慣れない下駄の足はこのとき限界を迎えていたように思える。


鼻緒擦れでひりひりと焼け付くようにそこが痛い。


少し休むことを提案しようと―――すぐ隣を見やったが、すぐ隣で花火を鑑賞していたはずの彼の姿が突然消えていた。


どこへ―――……?


「ちょっと、すみません!」


人の群れをかき分けながら私は走り出した。


突然の消失感。


真奈美のときを思い出す。



それは予期せぬときに突然やってくるのだ―――



私の手の中を――――簡単にすり抜けて、遠く―――…うんと遠くへ――行ってしまう。



私は走った。


彼の姿を探しに。







走って



走って



走って―――







































プチッ


突然何かの切れる音がした。








< 6/ 11 >