ケータイ小説 野いちご

*深海の底で。~もうひとつの人魚姫~*

*嫌な予感*






「フラン、危ないから帰るぞ」


 俺は大海原から顔を出し、おそらくはこの辺りにいるであろう人魚を探す。


 外は夕日に照らされ、赤く染まっていた。

 まるで、血のように赤いその風景が、俺を嫌な気分にさせてくる。


 フランの身に何かあったのかと、不安にさせる。


 俺ははやる気持ちを抑え、目を細めて彼女を捜す。



 ポセイドンの力のおかげで、この辺りはあまり人通りが少なく、滅多に人間とは出くわさない。

 だからすぐに人影を見つけることができた。


 その光景を見た瞬間、俺の嫌な予感は的中した。


 砂浜で、細身の人間ふたりの間にいるのは、人魚だ。


 そしてその人魚は、虹色の鱗に海藻のように美しい髪と、白い肌。

 見間違うはずもない。フランだ。


「こいつは珍しい。人魚だぜ?」

「いい金蔓(かねづる)になりそうだ」



「やだっ、はなしてっ!! クライド、クライドッ!!」



< 13/ 22 >