ケータイ小説 野いちご

君に恋をした

入学式

『羽蘭ー!ほらっ!起きなさい、今日から学校よ!』

と言ってから布団を取られた

ふぁー。

今日から高校生か、実感わかないなー

部活とか勉強とついていけるかな...笑

やっぱ高校生だし彼氏とか欲しいなー

とか思っていると時間がでる30分前になっていた

うわっ!やばっっ!

学校の用意しないと

あっ!名前名乗ってなかったね....

私の名前は井上羽蘭(いのうえうらん)だよ。

今日から高校生です!

『羽蘭ー用意できた?行くわよー』

やばっ親読んでる。行かないと。

『はーい。今行く!』







< 1/ 5 >