ケータイ小説 野いちご

必死に何度も

彼と会話



病院についた。




彼の名前を探して
彼の部屋に入る。





「あのぅ…誰かいますか⁇」



…返事なし…か。
まぁ、散歩に行ってるとか─────



「いるに決まってんだろ。
てか、あんた誰?」



…んー?空耳かなぁ…
何か聞こえたような…




「誰だって聞いてんだよ」




「わ、私…⁇」




「お前以外、誰がいんの?」



「あ…えへへ…」



「不法侵入か?いい度胸だな。
でも俺はお前と戦えないぞ?」



「た、戦うために来たんじゃ
ありましぇんっっ‼︎‼︎」




…噛んじゃった。
ありましぇんってなんなの⁉︎

< 9/ 29 >