ケータイ小説 野いちご

必死に何度も

彼の存在





私たちのクラスには、
体が弱くて学校に来れない生徒がいる。




出席番号、44番。
なんとも不吉な数字だ。



44人中、44番目の、
いなくても大丈夫な存在。



そんな彼と私は
まだ一度も話したことがなかった。

< 1/ 29 >