ケータイ小説 野いちご

『生んで終わりじゃねーのよ』 出産・育児 働くオバちゃんの奮闘記

出ないのっ!

抱き上げてみたら、お尻のあたりが緑色。


大量に胎便をなさっていました。


ううっ、拭いただけじゃ取れない。


そこで、専用バスルームの出番です。


ぬるま湯を出し、お尻だけを洗い流してやり、布オムツから何から全部取り替え。


そうそうに手がかかるな、この生き物は。


しかーし、もっと大変な事態が元ダメ妊婦に襲い掛かります。


ある者はあきらめ、またある者は思いつめては涙するアレですよ。


そう、出産経験をお持ちの方なら誰しも直面するであろう『母乳問題』。


最初っから出る人なんてそうは居ません、助産師さんの話では


「ひたすら吸わせる事」


という根性が必要な行為でして、根性なんて仕事で使い果たしたために、一切持ち合わせてはいない私。


それでも、吸わせ続けて迎えたは朝。


出ないまま朝、一睡もしないまま朝。


はい、辛いですよ、出産=可愛い赤ちゃん
だけじゃないんですっ!


力を使い果たした後に、眠れないのは辛い。


がしかし、朝6時に赤ちゃんの検温報告を義務づけられているため、ここで倒れるわけには行きません。

< 75/ 572 >