ケータイ小説 野いちご

7年越しのラブストーリー

日本代表vs大学選抜

球技大会が終わり数日たったとき、真尋くんからバスケの試合のチケットが届いた。

それは…
場所は代々木体育館。
席は関係者の特別席。
日本代表vs大学選抜の試合。
日付は今度の土曜日。

その日にかかってきた真尋くんからの電話。

「もしもし、千夏?」
「うん」
「チケット届いたか?急だけれど、どうしても千夏に見てほしいんだ」
「うん…」
「…無理か?」
「ううん。
ねぇ真尋くん。真尋はどっちのチームなの?」
「あー。俺は日本代表。春輝とは敵同士だよ」
「そっか…。
私、こんな特別席でいいの?」
「あぁ、もちろん。
そこから、しっかり見てほしいんだ。俺のプレーを!」
「…それって、アメリカ留学と関係あるの?」
「やっぱり知っていたんだな、俺にアメリカ留学の話があること」
「………」



< 230/ 233 >