ケータイ小説 野いちご

7年越しのラブストーリー

失うもの·得るもの

球技大会、女子バスケの決勝は、2年生対3年生の対決になった。

1年生との試合で古傷の膝を痛めてしまった私は、この決勝はベンチから応援することになった。
さっきまで試合に出ていたから、見てるだけで体を動かしたくなってしまう。
部活でマネージャーをしているときは大丈夫なのに…
やはり身体が、あの躍動感を思い出してしまったせいだろうか…?

試合は終始2年生のペースで進んで行く。
ディフェンス中心の薫・ガードの中野さん・センターの真由・3人をサポートする遥と祐子。5人がバランスよく役割を果たしていた。

「ねぇ浅井さん。
後半の残り5分だけでも出てみない?
もちろん、無理にとは言わないけど」
ハーフタイムにそう声をかけてくれたのは中野さん。

真由も頷いて、
「千夏が大丈夫だったらいつでも出ていいよ」
と言ってくれる。

< 217/ 233 >