ケータイ小説 野いちご

芸能人とスキャンダル!?―ありえない恋―

第一章 始まり
有り得ない出会い-emi-


「笑ー美ー!行こっ?ね??」


「私好きじゃないもん。」


「一人で行くのは嫌なの!!!」

20歳《ハタチ》の癖して、こんな事言えるんだから、笑っちゃうよ、


「ねぇ!チケットがもったいないとか思わない?」


「・・・思わない。」


「お姉ちゃんが可愛いそうだと思わない!?」


そういって、目を潤ませる姉。


・・・私の負けだ。


「分かった!!行く!!行きます!!」


「やったぁ〜!ありがと笑美!!」


・・・yourose。


そんな文字が頭に浮かんだ。
負けるのはいつも私だ。


何故かお姉ちゃんには勝てないんだよなぁ・・・。


神谷 美空(20)
『みそら』と書いて『みく』と読む。笑美とは友達の様な関係。
茶髪の髪にパーマを掛けていて、柔らかい印象。今は、大学に通っている。


「楽しみだったんだぁ〜+1のコンサート♪」


+1・・・。


今人気絶頂の、関西発のアイドルグループ。お姉ちゃんは、デビュー前から大好きで、最近人気が出て来た事を誇りに思ってる、
・・・らしい・・・。


私はそんなに好きじゃないのに、一緒に行く友達が行けなくなった!とかで、コンサートに付き合わされるはめに・・・・。


「ぜ〜ったい!好きになるから!!」


さっきから、そればっかり。



< 22/ 304 >