ケータイ小説 野いちご

当て馬ならし

当て馬裏話し
BattleCry with LOVE

「あれは、交際宣言だよね」
ベルが顎をツンと突き出して
にやりと笑って私に言った。

パーティーの会場に向かって、
ハトナに先導されながら
移動している最中の話
「へ?」
今夜のパーティーは
王族のプライベートラウンジで
行われるという事で
いつも行く夕食会の食堂とは違い
外廊下を通る。

そこで、書庫がちらりと見えた時
突然指を指してベルが言った。

「あの場所で、真昼間にちゅーですよ。
姉様ぁ『これは俺の女だ!!』
って宣言してるでしょ
独占欲つよいよね?」

そういってからかう様に覗き込む大きな瞳は
キラキラしている。
う・・・うそぉ
・・・・そんな馬鹿な・・・
「でも・・・だって、
そんな誰が見てるのよ・・・
みんなお仕事中で
あんな高いところみてないでしょ?」
もごもごとどもる。

< 430/ 437 >