ケータイ小説 野いちご

当て馬ならし

第一章
第一話 当て馬さらし

~眠る竜の伝説~

この世界の各地に点在する竜の伝説
竜の奇跡は神秘的で
それを化現させた英雄譚に
幼子は心踊らされてきた。
竜の力で干ばつを救う巫女
竜の加護を受け
害なす巨大な蛇を倒す騎士
数多くの伝説が語り継がれてきた。

私の生まれた国ファルゴアにも
その伝説はある。

ファルゴアの地下には
竜が眠っている
眠る竜は闇を打ち砕く力を持ち
この地を守るものに力を与え
いずれくる闇の暴走にそなえ
今は眠っているのだ

眠っているのよ竜は・・・
ちなみにその竜は
今のところ起きる気配はないみたい
でも・・・
その竜が存在するかしないかでいったら
たぶんいるんじゃないかな?って思うの
何故かって・・・
守るものに力を与えるってあるでしょ?

そうなの・・・
守る力が備わっちゃってるっぽいのよね私・・・
というかウチの家系は・・・


< 1/ 437 >