ケータイ小説 野いちご

甘い蜜を

ブロローグ
あなただから

どーして優しくするの?




誰かに助けて欲しいなんて思ってない




なのに、あなただから




あなたになら、




心を開いてもいいかなって思えた




だから私は




「私、両親に虐待されてたの....それでね.........」







私は全てを話す決意をした




< 19/ 57 >