ケータイ小説 野いちご

臆病者の逃走劇.

私の好きな人



「あ、はやとー!」



朝、校舎に向かって歩いている私の隣を、茶色いパーマがかった髪を揺らして、通りすぎていった女の子。

その視線の先を見て、案の定そこにいた男の子の姿に、ひそかに胸をときめかせる。



「おお、美紅」

「おはよ、隼人!」

「おはよう」



ニッと笑ってみせるその笑顔は、意地悪っぽくて、でもどこか暖かい。

顔の整った彼は、その立ち姿さえもかっこよくて、たくさんの女の子を魅了してしまう。


彼の名前は、東条 隼人〈とうじょう はやと〉くん。


学校でたぶん一番の人気者で、


たぶん、私の、…好きな人。


そのまま二人並んで歩いていく後ろ姿を眺めて、そっとため息をつく。

彼は、色んな女の子たちに好かれていて。

とても整っているとは言えない顔をした私では、自信もないし、周りの目も気になって、あんんな風に彼のもとへは行けない。


だから私は、こうして好きだなんて言っているけれど、彼と話をしたことはないし、目を合わせたこともない。


…あの、去年の冬の、短い時間を除いて。



< 2/ 26 >