ケータイ小説 野いちご

恋愛?何それ?美味しいの?

おまけ

帰り道

日もだいぶ縮んで6時半と言うとほぼ夜だ。

あれから班にいることに苦痛を覚えた。

呆れて仕返しする気も起きない。

白く染まった頭の中を塗りつぶす色も見つからない。


「ポチー何で黙ってるのぉ?元気だして」

「あのなぁー」

真美の誘いに乗って一緒に帰っていることに後悔し始める。

「だってぇ、あたしがいるじゃん?」

「何言ってるんだよ…」

あわてて視線を反らす。

「あたしじゃ不満なんですかぁ?」

茶化す様に追い討ちをかける真美
どうせ冗談…

「ほかの女の子引きずって、お前と向き合えるわけないだろ…」

言葉のトーンと共にうなだれる。

「はぃ、ストップ」

「何だよ?」

祐也の正面に回ると、祐也の手を取って真美が笑った。

「向き合えるじゃない?」

「それとこれとは…」

「何か違うのかな?」

「…」

「いこっ!!」

祐也の手を引っ張る真美。

振りほどく気力が沸いてこなかった。と、言うより身をまかせていた。

「あたしは、いいよ。人生のおまけでもなんでも…祐也のそばにいられるなら」

「え?」


END

< 27/ 27 >