ケータイ小説 野いちご

保健室の甘い時間

本当の気持ち

それから数日が経った、ある日曜日。


プルルル プルルル……


それは母親からの電話だった。


『ねぇ、美咲。近々帰って来る予定ない?』

「何?急に」

『いいから、いいから!帰って来れない?』

「うーん……、夏休みも学校には行かなきゃいけないからなぁ。ゆっくりは出来ないけど、週末、仕事終わりにそっちに行って、次の日に帰るって感じなら、そっちに行けるよ?」


地元から離れた大学を受験した為、大学に入ってからずっと一人暮らしをしている。

離れたって言っても、すごく遠いわけではないけど、それでも新幹線で1時間くらいはかかる。

だからってわけではないけど、仕事もあってあまり帰っていない。


「で、どうしたの?」


大学生の頃は、休みの度に『帰って来い』と言われていたが、働き出してからは言われる事は無かった。

だから、そんな事を言うなんて珍しいなって思っていたら……



< 17/ 126 >