ケータイ小説 野いちご

私の彼氏は無関心な僕系男子

譲る気はない





「し、島野…そろそろ離し…「嫌だけど」






…もうっ……!!!





知らないでしょ!さっきから心臓が破裂しそうなんだって!






なんかずっと抱きしめられてるし、しかも…




島野、私服ですんごいかっこいいし…。






いや、すっごいオシャレってわけでもないんだけど、無地のTシャツに、半袖のパーカーを羽織って、普通のジーパンを履いて。




いや、ほんとダメだと思う。これは。






こんなにシンプルなのにこんなにかっこいいって、どういうことよ。




絶対道行く人の視線を集めたんだろうなぁ…。










って、のんきなことを考えてる場合じゃないんだけど。









「な、夏祭り行けなくなっちゃうよ…?」




「別にそれでもいいけど」





「うっ、で、でも…」



早く離れてくれないと、心臓がっ…。






< 188/ 292 >