ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

涙、夏色に染まれ

作品番号
1568027

最終更新日
2019/8/5

涙、夏色に染まれ

馳月基矢/著 ジャンル/青春・友情
102ページ
PV数/4,690

嫌い、嫌い、嫌い。
自分が。毎日が。生きていることが。
全部が嫌い、嫌い、嫌い。


あたしは、もう二度と、
子どものころみたいには笑えない。
泣くことも、もうなくなった。


〈小学校の取り壊しが始まります。
 結羽も来てよ。
 みんなでサヨナラしよう〉


その手紙が届いた、十六歳の夏。
あたしは、島に戻った。
仲間と呼んだ人たちと再会した。


東京でモデルとして活躍する良一。
島で暮らす姉弟、明日実と和弘。
会いたかったけど、会いたくなかった。


──これは、人の死なない物語。
──でも、大切なものを失う物語。
──本当にあった出来事によく似た物語。


探している。
あがいている。
あたしは、どんな唄を歌いたいんだろう?

あらすじ

歌手を目指して動画配信をする高校二年生の結羽《ゆう》は、フツーの学校生活からこぼれ落ち、笑うことも泣くことも眠ることもうまくできなくなっている。

その夏、小さな島にある母校が取り壊されるという知らせ受け、結羽は四年ぶりに島に渡り、三人の同級生と再会を果たす。

モデルとして活躍する良一、しっかり者の明日実、正直で純朴な和弘。
がらんどうの校舎を、四人は探検する。
思い出を語り、未来を語りながら。


小説を読む