ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

雨宮さん家の大型犬

作品番号
1553314

最終更新日
2020/5/28

雨宮さん家の大型犬

来栖璃稀/著 ジャンル/恋愛(学園)
17ページ
PV数/374・総文字数/6,395

私の家には、

現在…大きなわんこが1匹います。


その名は窪田静人(くぼたしずと)

いつも、私の事だけを見て。
いつも、私の事だけを考えて。



まるで、忠犬。


私に近寄る男達には牙を剥いて、


「俺のだし!」


と、きゃんきゃん吠える。



私はこの可愛くて、
ちょっぴりお馬鹿なわんこが…。


愛しくて堪りません。





❐❐❐❐❐❐
しっかり者女子(飼い主?)
雨宮彩恋(あまみやあこ)
×
❏❏❏❏❏❏
幼馴染の同居人(ペット?)
窪田静人(くぼたしずと)


「あこちゃん!あこちゃーん!」 

「まて!おすわり!ふせ!」

「あおーん」

「よーしよし」



この関係は誰にも邪魔させない。





小説を読む