ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

漣瀬くんが怖くて学校行けない

作品番号
1552172

最終更新日
2019/8/20

漣瀬くんが怖くて学校行けない

猫屋敷 鏡風/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
30ページ
PV数/687

ああ…
どうしよう…
早く席替えしないかな…

そんな事を思いながら、私は隣の席に座っている漣瀬君をチラッと見た。

「何俺に見とれてんの?顔キモいよ?」

つんっと私の鼻をついて笑う漣瀬君。
見とれてなんてないし、顔キモいとか普通にセクハラでしょ?!

そして、今日も私は大きなため息をつく…

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【お礼】

ファン様、読者様、いつも僕の作品を読んで下さりありがとうございます!

猫屋敷 鏡風


この小説の宣伝エアラブ

小説を読む