ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

傍にいるのは黒猫ですv

作品番号
1527631

最終更新日
2018/11/7

傍にいるのは黒猫ですv

白竜銀河/著 ジャンル/絵本・童話
4ページ
PV数/5・総文字数/1,242

ここにいるボクはね

とってもとっっっても

猫が大好きなオトナであ~る(о´∀`о)
 

だ・か・ら

じつは 携帯のカバーを買い求めていたとき

黒猫が三日月にまたがって寝ている模様を見つけたのだ☆☆☆


それがすご~~く可愛いから 
今も携帯のカバーにしていんだよぉvv


うちにも黒猫がいてねぇ
ボクが一番可愛がってるのは
黒猫なのさ(^^)/


黄色い首輪をしていて とっても似合っていの!

どんな時でもボクの心を癒しの存在で 呼べば黒猫も反応してくれる

ボクの腕の中にいることが多くて

その姿を抱きながらも見ていると

携帯に描かれているイラストの
三日月にまたがって寝ている黒猫にそっくりで


それを見ているとぉ~… 
自分も月になって 

腕の中の大好きな黒猫をずっと守ってあげていたいと思って微笑んでいたんだょ~

黒猫をそれくらい大切に守り続けあげたいな\(^_^)/


あらすじ

ボクと黒猫はセットで主人公☆

主に黒猫がメインキャラ。

ボクの家族が出てくることもよくあるので、お楽しみください(^^)/

もちろん、黒猫の兄弟姉妹母も登場してきます~\(^_^)/

誰よりも大好きなのは黒猫ですけどvv

そして、黒猫とこの先、どんな風に生活を送るかをまたお伝えしていくので、よろしくお願いいたします(^o^ゞ


小説を読む