ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

黒白世界

作品番号
888520

最終更新日
2013/9/30

黒白世界

夢朶雨/著 ジャンル/ホラー・オカルト
18ページ
PV数/871・総文字数/6,364



『きっと望まれてた。』



そんな曖昧な言葉でしか
自分を語れないんだ




病院のベッドの上で胡座(あぐら)を
掻いていたら突然現れた奴



童顔ふわふわ系男児で癒されんな~…
なんて思ってたが



実は見習い死神なんだと




オマケにニッコリ素敵な笑顔で、




「君の魂、美味しそうですね。
ぜひ味見を!」


「死亡フラグたてさせんなッ!」




いきなり魂狩りますとな






死ぬことに未練なんてねぇよ


ただ


生きることに未練があるだけだ




○°。これは無気力人間と。°○
○°。見習い死神の物語。°○




「いーじゃないですか味見くらいー
……減るもんじゃないし」


「減るどころか消えるんだけど」


小説を読む