ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

噂のおおざっぱ彼女

作品番号
863746

最終更新日
2013/10/28

噂のおおざっぱ彼女

夜時/著 ジャンル/恋愛(純愛)
7ページ
PV数/735・総文字数/2,346

「君、ブスだね。」


地味だと自覚している私に

王子様みたいな

上品な雰囲気を漂わせていた人が

面と向かってそう言った。


「髪はいいんだから。」


「はぁ…。」


「……仕方ない。この僕が君を可愛くしてあげる。」


そんなこんなで


“岬あやめ可愛くなろう作戦”


が始まった。


岬あやめ

×

秋風達也


「勘違いしないでくれよ?僕は美しいモノに目がないだけ。」

「あっそ。」

「なっ!僕がこれだけ言ってるのに嬉しくないの!?」

「あー…興味ない。」

2013/3/3~//


小説を読む