ケータイ小説 野いちご

うんこ宅配便

作品番号
698444

最終更新日
2012/1/18

うんこ宅配便

脇毛ぼーぼー/著 ジャンル/コメディ
0ページ
PV数/0・総文字数/0

 55歳の大学教授美魔女です。

21歳の時 

大学の帰の電車の中で

急にお腹が痛くなり

うんこがしたくなりました

目的の駅に着いたが

そこの駅にはトイレがなく

私は急いでアパートまで走り

やっとアパートにたどり着いたのですが鍵がないのです!どこを探しても!

もう我慢しきれなくなったわたしはアパートの玄関腰に大学のレポートひいて

うんこをしました。



鍵もないし処理に困ってて、よく考えると4階の男性にストーカーのようないやがらせを受けていたのを思い出し私も嫌がらせしてやろうと思いその男性のポストに、うんこ包んだやつ

入れた。


小説を読む