ケータイ小説 野いちご

面倒臭がり遅刻魔少女と鈍感で天然な体育の先生

作品番号
664483

最終更新日
2011/10/30

面倒臭がり遅刻魔少女と鈍感で天然な体育の先生

しょこら、/著 ジャンル/恋愛(その他)
6ページ
PV数/241・総文字数/2,782



「じゃあ、明日から学校まで送るから」

「おー、わかった」



恋をすれば面倒臭がり遅刻魔少女だって、なんでもこなす完璧(?)少女になれる

ただ、恋する相手は先生

叶わないと分かっていても、なにかを先生に求めてしまう

戸惑いながらも、先生に対する気持ちに真っ直ぐになろうとする長谷見 琳

そんな琳の気持ちには全く気付かない鈍感で天然な藤水 陽平


たどり着くのは、――…





はじめまして
作者のしょこら、です
この度は『面倒臭がり遅刻魔少女と鈍感で天然な体育の先生』をクリックしていただき、ありがとうございます
しょこら、の初作品であります
よって誤字や、矛盾文、その他お見苦しい点がありましたら、なんの遠慮もなく言ってください!
感想等も受付ております
お気軽にどうぞ(*^ω^*)


2011/10/29


小説を読む