野いちご

仕事はしてない。

作品番号
492702

最終更新日
2010/10/19

仕事はしてない。

森田ヨシオ/著 ジャンル/ノンフィクション・実話
1ページ
PV数/2・総文字数/1

仕事というものの定義は金をもらう活動と、大人の僕は言いたい。サラリー制度の充実している先進国では多分そのとうりである。しかし今はITが導入され大分国の格差はなくなっている。しかし後進国が上がった分先進国は少しうつ経済になっている。これはここ十年くらいそんな感じである。メディアや音楽やコミニティー産業が日本はもしくは東京は、都会ほど盛んなのである。豊かな証拠なのだが。僕は何かの障害者なのだろうか。知的障害とは実はこんな感じなんだろうな。