ケータイ小説 野いちご

フェイク

作品番号
472072

最終更新日
2010/11/22

フェイク

ほのほ/著 ジャンル/ミステリー・サスペンス
7ページ
PV数/147・総文字数/1,954

『嘘つき』には人間である資格は与えない。


積み重なる借金を返済すべく働き続ける、二宮 秋(ニノミヤ シュウ)。

人生に疲れ自殺を実行するが、1人の男の呼びかけにより、優勝賞金5億円の嘘つき抹消ゲーム、『フェイク』に参加する事に…。



最初に言っておきますが、数々の賞金稼ぎのため、汚れたゲームに手を染める話は沢山この世にはありますが、この話はそう言ったものと少し異なる節があります。

頭脳戦で相手を負かす訳ではなく、心理的に相手を追い込んだり、人を疑う事で壊れていく参加者、あまりに人間失格な発言の数々…。

少し行き過ぎな部分があるので、気分を害される可能性があります。

それを理解していただいたうえで観覧していだだけると幸いです。


小説を読む