ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君となら墜ちてもいいよ?

作品番号
409764

最終更新日
2010/4/9

君となら墜ちてもいいよ?

桜井 響華/著 ジャンル/恋愛(その他)
30ページ
PV数/33,480・総文字数/13,658


桜のつぼみが
膨らみ始める頃、
腰まであった黒い髪を
短く切った。


愛しい君との“誓い”を
隠す為に―――……


「ルナ、似合ってる。
アクアマリンの透き通る碧が、
ルナの綺麗な心を
映してるみたい…」


「やだっ…くすぐったいよ」


拓海がピアスをしている、
耳たぶをそっと舌でなぞる。


くすぐったくて、
でも心地良いような
変な感じ。


君は高校三年生になり、
私は高校の先生になる。


君との出会いは、
母校である高校に、
教育実習生として
行った時―――……


◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆

君となら墜ちてもいいよ?

◆◆◆◆◆◆◆◆◇◇


*男子高校生
×
*教育実習生


……墜ちてみる?


2010/04/09


小説を読む