ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

運命の路線

作品番号
344230

最終更新日
2009/11/18

運命の路線

DeceM/著 ジャンル/その他
5ページ
PV数/333・総文字数/2,378




この世界は【運命】という名の定められたレールの上を進むだけの世界。


感情も、時間も、生死さえも、何もかも同じレールの上の事。


これは【運命】に抗う物語。

【運命】を変えようとする少年と少女の物語。


――――――

「これは美少年と美少女による大波乱恋愛小説――」

「というのは嘘で、本当は今ありきたりな不幸設定持ちのくせにお人よしなオリジナリティーの欠片も無い平凡顔の主人公が運命に立ち向かうとかいう厨二病発言を連発しながら無駄な努力を続ける糞小説です」


「ちょっと酷くないかっ!」


「嘘は言ってない」


「…………正直、傷つくよ」


「それはよかった」


「誰か胸を貸して下さい」


「一人でトイレに引き込もって啜り泣いたらどうかしら」


「…………」



小説を読む