ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

日露戦争と栄養のはなし

作品番号
342199

最終更新日
2012/11/25

日露戦争と栄養のはなし

戸田ミケ/著 ジャンル/歴史・時代
21ページ
PV数/25,548・総文字数/7,264



『プロレスラーが赤ん坊と喧嘩するようなもの』


かつて日露戦争は、開戦当時、諸外国からそんなふうに比喩されました。


しかもロシアの公文書に『東洋の小さな国の猿どもを懲らしめて参れ』とまで書かれる始末。


しかし、それにも関わらず、日本は勝ってしまいました。





大学に行って、初めて知った日露戦争の裏側。


日本の勝因の一部を、


ここにてご紹介致します。


小説を読む