ケータイ小説 野いちご

黙示録ヘノ通リ道

作品番号
305298

最終更新日
2009/9/9

黙示録ヘノ通リ道

丸一 九/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
2ページ
PV数/18・総文字数/355

 命令だからしょうがないけど、なんで僕が人間界なんかに降りなきゃならないんだ?しかもこんなアホな奴と一緒に。
最初はそんな気持ちで任務に当たっていた僕だったが、考えていたような単純な任務でないことに気づき始める。それと同時に僕の周りにも怪しい連中が現れて───「ガブリエル、君はもはや神に見放されているんだよ」信じられないようなことを言う彼等は、果たして僕の味方なのか敵なのか?
 あのアホが昔話を語り出した時、僕の運命は新たな方向へと進み出す。その先に待ち受けているものは一体なんなのか───


小説を読む